修復的司法とは 林誠弁護士のレジュメ

講演・イベント等 活動のご案内
07 /09 2017
第6回九州・沖縄犯罪被害者大会in福岡で配布されたレジュメ

-修復的司法とはなにか-
弁護士 林  誠
○修復的司法(Restorative Justice)
  =犯罪の加害者・被害者(場合によっては双方の家族も含む)の対話の機会を通じて,犯罪により生じた被害の回復や当事者間の関係の修復を図ろうとする考え方
○修復的司法の意義
 ①司法に被害中心の見方を提供するもの
-司法の目的は,犯罪によって侵害された被害者の利益を可能な限り元の状態に修復することにある。
 すなわち,加害者(=被疑者・被告人)vs国家(=警察・検察)という二極の構造として捉える従来の司法の考え方から,それに被害者も加えた三極の構造に転換するもの。
つまり,修復的司法の考え方がなければ,司法に被害者の被害感情・処罰感情を考慮することは抑制的になるだろうし,被害者参加制度も修復的司法の考え方に親和的といえる。
「誰が傷ついたのか」,「被害者は何を必要としているのか」,「それは誰の義務であり責任であるのか」という問いかけ
      応報的司法(Retributive Justice)
=犯罪を国家に対する違反行為と捉え,司法は国家と加害者の対立関係において刑罰を決定するものと理解する考え方
     「その法律に違反したのか」,「誰がそれを行ったのか」,「加害者はどのような報いを受けるべきか」という問いかけ
 ②加害者が被害者に与えた害を加害者に理解させ,反省・悔悟,被害者への謝罪・被害弁償を実現して,これにより被害者自身の癒しを目指すもの
○被害者の立場からの修復的司法に対する批判
 ・修復的司法とは加害者との“仲直り”を被害者に強制するようなものである。
 ・加害者の更正に,なぜ被害者が利用されなければならないのか。
 ・刑事裁判で加害者に情状面で有利になるように利用されているのではないか。
   参考)DVO(Defense-initiated Victim Outreach)
=弁護側により開始される被害者への働きかけ・支援
○実践例
 ・被害者加害者対話の会運営センター(千葉)
 ・謝罪文銀行(兵庫)
 ・岡山仲裁センター(岡山)

【終了】 7月8日 福岡にて開催 | 第6回 九州・沖縄犯罪被害者大会 in 福岡

講演・イベント等 活動のご案内
07 /09 2017

 \ 7月8日 福岡にて開催 /
 参加してみませんか?
「思いを語り合いませんか」
 第6回 九州・沖縄犯罪被害者大会 in 福岡
  ● 主催:九州・沖縄犯罪被害者連絡会(みどりの風)
  ● 2017年7月8日(土)13:30〜〈13:00開場〉
  ホテルサンライン福岡博多駅前

  ▼イベントのお申し込みフォームはこちら▼


第6回犯罪被害者大会チラシ1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
プログラム
13:00 受付
13:30 開会のあいさつ  会長 廣瀬 小百合
あなたの面影(不条理に命を奪われた方々を御遺影で紹介)
13:50 講演 永野弘子
北九州市若松区 主婦殺害未解決事件 被害者の母親
14:30 遺族からのメッセージ
宮崎家族3人殺害(死刑確定)事件
15:20 休憩
15:30 ディスカッション(修復的司法と犯罪被害者)
16:00 参加者紹介
支援会員紹介、犯罪被害者自己紹介
16:40 閉会のあいさつ  みどりの風顧問 松尾明久
*****ここよりは犯罪被害者と支援会員のみ参加となります*****
17:30 支援部による個別相談会(同会場にて)
※個別相談を希望される方は、受付時にスタッフに申し込んで下さい。
(弁護士、精神科医、臨床心理士)
18:30 懇親会 (会場 同ホテル内 会費 3,500円)
21:00~ 語らいの時間(自由参加)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ▼イベントのお申し込みフォームはこちら▼



皆様のご参加を!!
「みどりの風」は、殺人・傷害・交通犯罪・性犯罪等の被害者とその家族や遺族でつくる犯罪被害者の 交流団体です。
犯罪被害者らは、心の奥深くに痛みと悲しみを抑え込んで懸命に生きています。
犯罪被害者でなければ理解してもらえないこの苦しみ...
だからこそ、犯罪被害者同士の出会いと交 流の場を広げていきたい、
それこそが九州・沖縄犯罪被害者大会の開催意義です。
犯罪被害者への理解が進んできたと一般によく言われるようになりましたが、
個別の犯罪被害者のレベルで実態を見ていただくと、依然として厳しいことがわかっていただけることでしょう。
お知り合いにもぜひ呼び掛けていただき、多くの方がご参加くださることをお待ちしています。